人気ブログランキング |

ホワイトボーダーコリー「スノーホワイト」

snowhiteau.exblog.jp

いくつものおもちゃの名前を識別できるカフェオレ色のボーダーコリーの成長の記録

カテゴリ:赤ちゃん期( 2 )

パビースクール

スノちゃんがわが家のメンバーになってわずか3日後
子犬のしつけ教室通いがはじまりました。
週に一度、約一ヶ月間のプログラム。会場はもよりの動物病院。

c0353191_08144115.jpg
学校なんか行きたくな~い。

生徒は数匹の小クラス。種類の異なる犬ばかりが集まりました。中には盲導犬になるべく里親にケアー中のおりこうさんなラブラドールの子犬もいました。ボーダーコリーの頭の明晰さは良く知られた事実。そのせいかスノちゃんはこのラブラドールとともに先生の期待をたっぷりと受けて「スーバードッグ」と呼ばれていました。
ところがです、スノちゃんがそのご期待にそうことができたかどうかは別問題。

はじめのクラスではお父さんにダッコされたままぐっすりとお寝んね。はじめから終りまで授業にはゼロ参加。床に下りて他の犬のお尻の臭いをかぐことすらしませんでした。今思うと、あれは狸寝入りであったと。
スノちゃんは他の犬よりも人間が大好きなのです。

c0353191_08132244.jpg
これはお家での遊び疲れ。狸寝入りではありません。


クラスの指導方法は餌を使ったpositive enforcement。
スノちゃんがなかなか思い通りの行動をしないと先生もやけっぱち。
「もしかしたら、使ってる餌がおいしくないんじゃないの?」

クラスは大きな動物病院ビルの3階で開かれたことも何度かありました。
そんな時、スノちゃんとの建物への出入りはいつも騒々しいバタバタの大騒ぎ。
階段の上がり下りで引っ張る犬と、ころがり落ちるように引っ張られる人間との騒動は院内に響き渡るほどに。この出所があどけない子犬と知った傍観者たちはいつも「信~じられない」(大きな犬じゃないんだ)の表情が固まったまま。




ボーダー・コリーランキングへ


by snowhiteau | 2015-02-15 08:52 | 赤ちゃん期

狂気の暴走

はじめての驚きは狂気の暴走。

c0353191_12592806.jpg

車から降りて、新しいお家の裏庭でのはじめの一歩はこんな感じ。



ところが、お父さんやお兄ちゃんやらが

家の中に入ってしまって、新しいお母さんとふたり(一人と1匹)きり

になったときでした。はじまったのです。気が狂ったような、狂気の暴走が。

狭い裏庭を所狭しと全速力で飛ぶように

庭の端から端を何度も何度も。砂利を蹴飛ばしながら

地上を駆けるというよりも空中を飛んでいるような暴走でした。

犬にはよくある行動とは言え、生まれてまだ3ヶ月にもならない

赤ちゃん犬でもするの??

c0353191_13012048.png


暴走については、家人に話しても全然信じてもらえませんでした。

その後だんだんわかりはじめたことは、スノちゃんにとって狂気の暴走は

プップがしたくなる直前に起るというパターン。

お尻に火がついたように走る、とはまさにこのこと。




にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
by snowhiteau | 2015-02-13 13:25 | 赤ちゃん期